タグ:顔汗

記事一覧
ホームPage 1 / 512345

顔汗を抑えたいなら、種類と特徴を把握しよう!⑤

顔汗 抑え方

ですので、汗として出てくるのは、不必要な水分。だからエクリン腺の成分の99%以上が水分となるのです。この再吸収が正常にうまく働く事ができた汗は、良い汗としてサラサラな状態で出てきます。
【悪い汗】
ところが、長い年月運動をしていなかったり、冷暖房が完備されている室内で過ごす時間が長い人にとっては、汗をかくという事が少なくなります。こうなると汗腺の機能は当然使われていないので衰えていってしまいます。
するとどうなるのか。大事な栄養分の再吸収という働きが上手くいかなくなり、血漿の成分が汗と一緒に混じってしまう事態が起きます。これがベタベタとした悪い汗の正体です。また、この他にも精神性発汗の場合にも、突発的にしかも大量に出てくるので、再吸収する働きが追いつかずに、結果悪い汗として出てきます。
【化粧崩れの原因にも】
汗は、何度も言っていますが身体の表面である皮膚から蒸発する時に、こもった熱を逃がしてくれるので、サラサラとした良い汗の状態であれば、すぐに蒸発してくれます。
けれど、悪い汗の時にはベタベタなので蒸発しにくいのです。なので、いつまで経っても皮膚の表面に残ってしまい、張り付くような嫌な状態が続いてしまいます。
汗によってお化粧が崩れやすいという方は、このように悪い汗が原因で起こっているという可能性が考えられます。
【自分の汗の特徴を知る】
如何でしたしょうか。このように一概に汗と考えても良い汗もあり悪い汗もあるのです。沢山の汗をかいて困ってしまう・・・とすぐに悩んだりせずに、まずは自分の汗が今まで解説してきたどの種類のものなのかという事、良い汗をかいているのか、それとも悪い汗をかいているのかを把握して、それに合わせた汗の抑え方を探していく事が大切になっていきます。

すぐに顔の汗を抑えたいならコレ!役立つ対処法①

顔汗 抑え方

顔の汗を抑えたい方必見!顔から汗が出ると化粧が崩れたり、人目をどうしても気にしてしまうもの。ハンカチが手放せないのは困りますよね。
顔は脇の下や足の裏といった汗とは違い、衣服などで覆われていない部位なので、汗が出てしまうと隠すという事が出来ません。
そんな困った、やっかいな顔からの汗が出てきてしまった時にすぐに止められる対処方法があります。すぐに汗を抑えたいという方はこちらでご紹介する方法をとってみて下さい。お役に立つはずですよ。
●1.半側発汗を利用●
半側発汗とは皮膚圧反射とも呼ばれるもので、人の身体は身体の一部分を圧迫していくとその周りの汗が減っていき、その変わりに反対側から出てくる汗が増えていくという性質をもっています。
これを利用する方法なのですが、強めに腕組みをしてみたり、胸から大体5㎝ほど上の部分を紐などで強めに縛って圧迫する事で、その行為をしている間のみ顔の汗を軽減させる事ができます。
着物を着ている芸子さんなど夏場でも顔に汗を見せずに、涼しそうな顔をしている光景を見かけた事があるかと思いますが、あの方たちはこの紐を使って表に出る汗を調節して、化粧が崩れないようにしながらお仕事に勤めています。昔からの知恵ですね。
この紐は驚くほど効果があります。だらだらと出ていた顔の汗の量が激減!けれど、先にも解説しましたが、この対処法をしている間だけ効果のある方法ですので、紐を取れば汗が流れてきますので、ご注意くださいね。

すぐに顔の汗を抑えたいならコレ!役立つ対処法②

顔汗 抑え方

●2.冷やす●
これは、発汗の種類の中でお伝えした、温熱性発汗の場合に効果のある対処方法です。温熱性発汗とは、気温や運動などによって身体が熱くなり、その熱を逃がして体温を下げる時の汗です。
この汗が出ている時の対処方法は、太い血管を重点的に冷やす事。これによって冷えた血液が身体の中を巡っていく事になるので体温が下がります。体温が下がるという事は、汗も出にくくなるという事。これで汗を止める事ができる訳です。
顔汗を抑えたい場合には、首の後ろに太い血管があります。そこに保冷剤や冷たいペットボトル、濡らしたハンカチなどを使って冷やす事で効果が表れます。今は色々と便利グッズがあり、夏場の熱中症予防として首周りを冷やすグッズが発売されています。こうしたグッズを巻いても効果があり、これなら手でずっと押さえていなくても首の後ろを冷やす事が出来るのでおススメです。
●3.制汗剤を活用する●
3つめにご紹介するのは制汗剤。もちろん顔にも効果があります。ですが注意も必要です。制汗剤にも多くの種類があり、それぞれに部位を限定しています。ですので、顔には顔用の制汗剤を活用していくのが望ましいです。
脇用やボディ用などの制汗剤では、顔に使用してしまうと刺激が強すぎるのです。これでは顔に対してヒリヒリしたり等の、何らかの副作用が起こる可能性がありますので、必ず顔用の制汗剤を使いましょう。
ではそもそも何故、この制汗剤が汗に効果があるのでしょうか。

すぐに顔の汗を抑えたいならコレ!役立つ対処法③

顔汗 抑え方

制汗剤には汗を抑える為に”収れん剤”というものが含まれています。これは汗腺の出口部分を塞ぐ働きがある為、これによって汗が出にくくなるのです。これは身体の本来の機能を抑えているという事ですので、長時間の汗腺を塞ぐ制汗剤の使用は肌への負担になります。
負担になる事で、体温調節をする働きにも影響を与える為に多用する事はあまりおススメできません。外から戻り家へ帰ってきた時には、すぐに洗い流して通常の状態へと戻すなどして、必要最低限に使うという心持ちで活用するようにしましょう。
●4.リラックスする●
こちらは精神性発汗に効果のある方法です。精神性発汗は、緊張した時や興奮した時に分泌されてくる汗の事でしたね。冷や汗とも言われている物です。
これは発汗を促す神経である交感神経を、精神的な高ぶりによって刺激される事で汗が出てきます。なので気持ちが次第に落ち着いていけば、自然と汗はひいていくという仕組みです。
ですが、緊張していたりと精神的な発汗をしている場合には、汗が出ている時ほど「恥ずかしい」と感じてしまったり、「汗を早く止めたい!」などと気にしすぎてしまいます。この気持ちがより交感神経を刺激してしまう事によって、余計に汗が止まらないという悪循環に陥ってしまうのです。
こうした心境の時には中々難しいかもしれませんが、早く止めるコツは、あまり気にしない事。ゆっくりと深呼吸してみるなどして、気持ちを落ちつけるようにする事も大切なのです。
このように、顔汗には発汗の種類よって効果的な対処方法が違いますので、状況に合わせて対策してみて下さいね。

ホームPage 1 / 512345