タグ:角質

記事一覧
  • 膝の黒ずみのお手入れ続き

    かかとのザラザラを解消してくれる角質除去のクリームがありますが、それを使って膝の黒ずみを改善してみてはいかがでしょうか。お風呂にゆっくり使ったあと、皮膚が柔らか ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 膝の黒ずみには重曹続きその1

    雑誌に登場しているモデルさんたちの脚を見ると、膝もスルリとして変色なども見られない、本当にきれいな脚をしていますが、それも普段のお手入れの成果なのだと思います。 ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 膝の黒ずみには重曹続きその2

    膝の黒ずみケアに重曹を使うと、スクラブ効果が期待できます。重曹の効果として、新陳代謝を活性化する働きもありますから、膝のケアにつかうことで、肌のターンオーバー機 ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 膝の黒ずみには尿素

    白い肌に憧れる方も多いですが、白い肌になればなるほど、黒ずんでいる部位は目立つものです。例えば、膝、ひじ、かかとなど、角質層が硬くなりがちなところは、くすんだり ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

ホームPage 1 / 212

膝の黒ずみのお手入れ続き

膝の黒ずみ

かかとのザラザラを解消してくれる角質除去のクリームがありますが、それを使って膝の黒ずみを改善してみてはいかがでしょうか。
お風呂にゆっくり使ったあと、皮膚が柔らかくなっているときに、角質除去のクリームで膝を、週に1回か2回程度、お手入れをすること、それを続ければ少しずつ改善されてくるでしょう。
力を入れてこすっても1回で膝の黒ずみが治るわけではないですし、余計にダメージを与えて悪化させてしまいますから、マッサージは優しく行なってください。
古い角質が取れたら、すぐに保湿をしてあげることです。
ボディローションやクリームで、膝を保湿してあげましょう。
最近では、膝やかかと専用のクリームも発売しているようですし、昔から愛用されていた馬油などもおすすめです。
肘や、かかと、膝などがゴワゴワしやすいのは、皮脂の分泌量が少ない部位だから、かさかさになりなすいのです。
馬油を塗って油分を与えることや、血行が良くなるようにマッサージをすることも効果的です。
特にかさつきが気になる場合、馬油やワセリンをダブル使いしてケアしていると言う方もいらっしゃいます。
さらに、寝る前は保湿クリームを塗ったあとに、サポーターや靴下など、寝ている間にしっかり保湿できるように工夫すると効果もでやすいでしょう。
馬油の臭いが気になるという方は、好きな香りのおしゃれなシアバターを使ってもよいでしょうし、市販の保湿クリームでも構いません。
高価なものですと長続きできませんから、普段からたっぷり使える安価なものでもよいでしょう。

膝の黒ずみには重曹続きその1

膝の黒ずみ

雑誌に登場しているモデルさんたちの脚を見ると、膝もスルリとして変色なども見られない、本当にきれいな脚をしていますが、それも普段のお手入れの成果なのだと思います。
もちろん、写真編集の技術の進化で、肌はいくらでもきれいに修正できますから、その効果もあると思います。
ですが、プロのモデルさん、芸能人の方、美意識が高い一般人の方も、膝のお手入れには力を入れているようです。
苦労せずに、ピカピカの膝は手に入らないものなのですから、みなさんも今日から膝のケアを始めてみてはいかがでしょうか。
膝の黒ずみをなくすには、まず、角質ケアをまめに行なうことです。
角質を放置しておくと、古い角質からどんどん肌の上にたまってきますから、週に数回は角質ケアをしましょう。
それに、あかなど、汚れがたまってしまって、きちんと洗浄されていないと黒ずんできますので、入浴時は膝をきれいに洗うことを心がけましょう。
強く擦りすぎると、肌が余計に硬くなり、黒ずみも悪化しますので、優しく洗います。
スクラブ入りのクリームなどが膝の黒ずみ対策にはピッタリですが、重曹があれば、自宅で手作りのスクラブを作ることも可能です。
重曹、4分の1カップにレモンの絞り汁、またはレモンジュースを少しずつ加えながら、混ぜて、ペースト状にします。
このペーストを膝につけて、やさしくこすり、つけたまま15分から20分放置します。
その後、洗い流すだけ、使い方も作り方も簡単です。

膝の黒ずみには重曹続きその2

膝の黒ずみ

膝の黒ずみケアに重曹を使うと、スクラブ効果が期待できます。
重曹の効果として、新陳代謝を活性化する働きもありますから、膝のケアにつかうことで、肌のターンオーバー機能を正常化してくれます。
重曹を石けんに混ぜて、身体を洗うという方法もあります。
また、重曹、酢、水を混ぜ、パックとして使う美容方法もあるのです。
重曹に酢を入れると、炭酸パックが手作りできますから、これも気持ちよくておすすめです。
酢にも美白作用があるということなので、重曹と組み合わせて、膝の黒ずみ対策や、スキンケアに使ってみるとよいでしょう。
また、重曹自体が食品としても使われるものなので、肌にも安心して使えますよね。
しかも、値段が安く、100円ショップでも販売されていますので、ハンドメイドのスキンケアにもお金がそれほどかかりません。
安い材料費でしたら、膝の黒ずみケアも、長期間、続けられますので理想的ですね。
また、レモンだけを使った膝の黒ずみのお手入れ方法もあります。
レモンをスライスして、膝を擦るだけ、そのあとは洗い流す前に10分ほど放置します。
あとは、タオルで拭き取るか洗い流すだけです。
レモンは肌を白くしてくれる効果が期待できますので、色素沈着の改善も期待できるでしょう。
洗い終わった膝は、保湿をお忘れなく。
膝にクリームを塗りながら、くるくると円を描くようにマッサージします。
スクラブは角質ケアの効果がありますが、さらに、オリーブオイル配合のクリームや、ハイドロキン酸が配合されているケアクリームを使えば膝の黒ずみにより効果的でしょう。

膝の黒ずみには尿素

膝の黒ずみ

白い肌に憧れる方も多いですが、白い肌になればなるほど、黒ずんでいる部位は目立つものです。
例えば、膝、ひじ、かかとなど、角質層が硬くなりがちなところは、くすんだり黒ずんだりしている方も多いですよね。
特に膝は、膝をつくことが多いと、そのダメージから身体を守ろうとして、肌がどんどん硬くなってしまうのです。
膝の黒ずみは、蓄積されてしまった古い角質も原因のひとつと言われています。
そうなると、その角質を取り除けば、黒ずみも改善できるということになりますよね。
きれいな膝は男性からも注目されますし、女性同士でもうらやましいと思われることでしょう。
夏が近づいて肌を見せることが多くなるので、膝のお手入れは早いうちから始めたほうが効果的でしょう。
膝のお手入れはスタートしたらすぐに黒ずみがなくなるものではありませんから、素足を出す季節の前から早めにケアを始めてほしいと思います。
そこで、何を使ってケアをしたらよいのかということになりますが、膝の黒ずみ改善に効果がある成分が尿素です。
尿素と言うとハンドクリームというイメージもありますし、ひび割れしてしまったかかとなどのお手入れに使われることもあります。
尿素という成分は、体の内側にある水分を角質層に取り込んで集めて、固くなった角質を除去してくれる効果があるのです。
ですが、即効性があるわけではないので、尿素配合のクリームなどを、日々、使い続けることによって、徐々に黒ずみが薄くなってくることでしょう。

ホームPage 1 / 212