タグ:薬

記事一覧
  • 脇汗トラブルは皮膚科へその3

    脇汗対策用に販売されている、市販のデオドラントよりも、処方されたものですから、効果は期待できますが、原因を治してくれるわけではありません。薬によって、症状は緩和 ...

    2019/09/12

    脇汗 対策

  • ツボ押しで脇汗対策その1

    みなさんは、自分の汗が気になるほうでしょうか?せっかく素敵な洋服を着て、お化粧もばっちりしてお出かけしても、大量の汗をかくと、洋服も汗でぬれてしまいますし、お化 ...

    2019/09/12

    脇汗 対策

  • 皮膚科の治療

    皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療 ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • わきがの薬

    わきがの薬があることを知っていますか。自分のわきがで周りの人が不愉快な思いをしていると感じたら、どうしても対策を考えたくなります。ただ、対策をしなければならない ...

    2019/09/12

    わきが 対策

ホームPage 1 / 212

脇汗トラブルは皮膚科へその3

脇汗 対策

脇汗対策用に販売されている、市販のデオドラントよりも、処方されたものですから、効果は期待できますが、原因を治してくれるわけではありません。
薬によって、症状は緩和されて、脇汗の臭いも気にならなくなるケースもありますが、根源はそのままです。
また、超音波を使った治療法ですが、脇下の汗腺、皮脂腺を超音波で除去する方法です。
手術のように、実際に身体にメスを入れることなく、超音波で患部を除去できるので、一般の手術よりも受けやすいと思います。
ですが、超音波治療も、全くリスクがないわけではありませんので、ドクターの説明をきちんと受け、リスクを納得して受けるべきでしょう。
また、超音波治療法は、手、足の裏には使えない治療法ですので、その部分に汗トラブルをお持ちの方は受けられませんので、注意してくださいね。
薬や超音波で改善が見られない場合は、最終手段で手術するという方法も選択できます。
これは身体にメスを入れ、汗腺を切って取り出す手術であり、ワキガの治療で使われることが多いです。
また、汗の原因が、身体ではなく、精神的なことが原因となっている場合は、皮膚科ではなく、心療内科や精神科で受診、治療するケースもあります。
何が原因かはドクターが判断するので、まずは、皮膚科を受診することをお勧めします。
理由もわからないまま、自分の判断で脇汗対策をするよりは、悩みの原因も突き止められますし、安心して治療が受けられるでしょう。

ツボ押しで脇汗対策その1

脇汗 対策

みなさんは、自分の汗が気になるほうでしょうか?
せっかく素敵な洋服を着て、お化粧もばっちりしてお出かけしても、大量の汗をかくと、洋服も汗でぬれてしまいますし、お化粧も汗で流れ落ちてしまいますよね。
特に脇汗は、薄着をしていると、外から見ても、脇汗をかいていることがわかってしまうのは、困りものですよね。
夏の間は、どなたでもこのような汗トラブルの経験があると思いますが、多汗症の方などは、一年中、そのような状態になるそうです。
そのための対策として、下着に汗を吸収させたり、汗を抑えるスプレーをつかったりする方も多いでしょう。
ちょっと意外な脇汗対策として、実はツボ押しも注目されています。
脇汗に効果があるというツボを刺激して、汗を改善させようとする方法なのです。
確かに皮膚科や美容外科で治療を受けるという選択肢もありますが、病院に通うとお金も時間もかかりますよね。
もちろん、多汗症の方は疾患なのですから、きちんと病院で治療を受けたほうが良いでしょう。
そして、ワキガの方も同じく、きちんと治療を受けたほうが良いのです。
ですが、それほどひどくないという方は、ツボを押すことで、汗トラブルを改善できるかもしれません。
ツボを押すだけであれば、費用もかかりませんし、自宅で好きなときに出来ますよね。
また、薬を飲んだり注射をしたりするわけでもないので、副作用の心配もなく、安心して出来る脇汗対策ですね。
では、実際に自分でツボを押してみましょう。

皮膚科の治療

膝の黒ずみ

皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。
一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。
個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療機関を受診する人もいます。
黒ずみを治すには、やはり皮膚科になると思います。
皮膚科は肌の専門医なので、膝の黒ずみができた原因を特定して、黒ずみを解消できる薬を処方してくれます。
皮膚科では、黒ずみができた原因について、黒ずみをきれいにしていく方法について教えてもらえます。
医師の指示に従って処方された薬を飲み、日常生活においても黒ずみの予防対策を行いながら生活していくようにしましょう。
皮膚科でよく行われる治療方法としては、「ハイドロキノン」が入ったクリームを使用する治療方法です。
ハイドロキノンは、美白作用のある塗り薬です。
就寝前に塗るように指導されることが多いです。
もう1つよく行われる治療方法としては、「トレチノイン」というクリームを使用する治療方法です。
トレチノインは、ひざの下に溜まったメラニン色素を排出されるように促して、ターンオーバーを正しくできるようにする薬です。
ハイドロキノンと併用するように処方される場合も多いです。
注意しなければいけないのは、こうした治療を受ければ必ず膝の黒ずみがすっきりときれいになるわけではありません。
薬なので少なからず副作用もありますし、治療費もかかります。
膝の黒ずみが気になるから即座に皮膚科を受診と考えるのではなく、セルフケアの方法などと合わせて様々な方法を検討した上で治療方法を選ぶようにしましょう。

わきがの薬

わきが 対策

わきがの薬があることを知っていますか。
自分のわきがで周りの人が不愉快な思いをしていると感じたら、どうしても対策を考えたくなります。
ただ、対策をしなければならないほどの臭いなのかを判断することは難しいでしょう。
制汗スプレーなどを試してみるかもしれませんが、それで劇的な効果が出るとは考えにくいのです。
わきが対策の薬は化粧品のようなものです。
朝、外出前に脇に塗っておきましょう。
塗り薬の一種です。
インターネットでわきがの薬を検索すれば、たくさん出てくるでしょう。
どのメーカーの商品がいいのでしょうか。
それを確認しようとすると、どこで作られているかよくわからないことに気づきませんか。
一般に化粧品などは高級品ですが、大きな工場で作られているわけではありませんから、有名な製薬会社などが作ることはありません。
つまり、わきがの薬を作っている会社はその薬だけを作っているのです。
価格は5千円程度ですから、一度試してみてもいいと思う女性もいるでしょう。
しかし、薬の安全性について確認が取れない場合は、止めておいた方がいいのかもしれません。
もちろん、すでに使用しており、何の問題もないと感じているなら、そのまま使用してもいいでしょう。
わきがの悩みは深刻です。
周りの人の視線を感じてしまうのです。
社会人となり、会社で同じ人と毎日顔を合わせるのですから、わきがで迷惑をかけたくないですよね。
いろいろなわきがの薬がありますが、ほとんどは塗り薬です。
一度試してみましょう。

ホームPage 1 / 212