タグ:肌トラブル

記事一覧
ホームPage 1 / 11

アフターケアをしっかり行いましょう

脇 脱毛 黒ずみ

ムダ毛の自己処理はアフターケアをしっかり行う事、面倒な事を後回しにしないでその場で行う事、こまめに行う事が自己処理自体を簡単に行う秘訣だと思います。
こうした細かなケアを怠ってしまう事によって、後々黒ずみ等の肌トラブルを引き起こしてしまう事になってしまいますので、注意が必要です。
面倒だと思ってもこうしたケアを常に行っておく事で、いざ脇や足や腕を見られた時に恥ずかしいと思う事も少なくなります。
肌に負担をかけない様にする為には、出来るだけ自己処理を行わない事と言うのが基本的には有ると思いますが、自己処理を行わないとムダ毛は伸びっぱなしになってしまいますよね。
脱毛サロンに行っている時間もお金もないと言う方は、細かなケアで肌のケアをしっかり行い、黒ずみ等の肌トラブルを防ぐ必要が有るのです。
特にカミソリで剃っている方は脇に限らず直ぐに生えてきてしまいますので、2~3日で1回の割合で脱毛処理を行っていれば、1回当たりの処理が少なくなりますので肌への負担も軽減される様になってきます。
また自己処理が終わった後は、しっかりと保湿をして乾燥を防ぐ事も忘れない様にしましょう。
こうした常日頃の細かなケアがいざという時キレイな肌を保つ事が出来て、困る事もなくなってくると思います。
最初の内は面倒だと思うアフターケアも、毎回行っているとそれが当たり前のケアになってきますので、面倒と思う事も少なくなってくるのではないでしょうか。
自分で脱毛の自己処理を行うのであれば、しっかりとしたアフターケアを行う様にして、自分の肌を自分で守る様にしましょう。

脱毛後に起こり得る肌トラブル

脇 脱毛 黒ずみ

脇の毛の脱毛を行ったら、黒ずみ等の肌トラブルが起きない様にきちんとアフターケアを行う事が重要となります。
では脱毛後に起こる可能性が有る肌トラブルとはどの様な物が有るのか挙げてみたいと思います。
先ずは先ほども挙げた「黒ずみ」です。
所謂色素沈着になるわけですが、きちんとした脱毛処理やアフターケアを行わなかった場合、肌自体がダメージを受けてしまう事になり、肌の再生力が活発化する様になります。
こうなるとメラニン生成が過剰になる為、肌に色素沈着してしまって黒ずみとなってしまうと言う訳です。
これは主に脇の毛等の脱毛を自己処理している方に多く見られる現象ですが、乾燥肌の方、毛が濃い方、毛の量が多い方が特に黒ずみが多く見られやすいです。
こうした症状を改善する為には、脱毛を自己処理ではなくてきちんとしたサロンで行う様にする事、自己処理を行う場合でも頻度を少なくする事等行って、肌へダメージを与えすぎない様にしましょう。
次に脱毛後に多い肌トラブルは「赤み」「腫れ」になります。
自己処理を行った場合、サロンできちんと脱毛を行った場合でも肌には相当のダメージが加わっています。
特にレーザー脱毛や光脱毛等、熱を加えて脱毛処理を行う場合は、終わった後にきちんと冷却・保湿をする事が大切です。
これを行わないと赤みが出てきたり、毛穴部分が腫れてきてしまったりして、最終的には黒ずみに繋がってしまう様になりますので注意しましょう。

キレイに自己処理を行いましょう

脇 脱毛 黒ずみ

一言で「脇のムダ毛の脱毛」と言っても、色んな脱毛方法が有ります。
自分でカミソリを使って剃る方法、脱毛クリームを使って毛を除毛してしまう方法、きちんと脱毛サロンに行ってプロに脱毛を行ってもらう方法等、色々有ります。
専門の脱毛サロンで脇のムダ毛の脱毛を行う場合、アフターケア等もしっかりと行って貰えるし、施術方法もしっかりとしているので黒ずみ等の肌トラブルも起こりにくくなりますが、自己処理の場合はそういう訳にもいきません。
雑に自己処理をしてしまう事で黒ずみ等の肌トラブルを起こしてしまう可能性が有ります。
ですから、自分で脇のムダ毛の脱毛を行う場合は、きちんとポイントを押さえておく事が重要視されるのです。
特に大切な脱毛の自己処理ポイントと言うと、毛が生えている流れに沿って脱毛を行う事、けっして毛の流れに逆らわない事が重要となります。
基本的に毛の流れに沿ってムダ毛を引っ張ってみるとスルッと抜ける事が分かります。
逆に毛の流れに逆らってムダ毛を引っ張ってみると、痛みが強くなって最悪はブチッと途中で切れてしまう事も有ります。
こうなってしまうと、毛穴から無理に抜き出そうとしている為に、毛穴が無理に広がってしまう事になり、そこから細菌が入り込んでしまう様になる為、肌が炎症を起こしてしまう事も有ります。
ですから毛の流れに沿って脱毛を行う事がとても重要になるのです。
しかし足や腕と言った毛の流れが一定方向で有る部分と違って、脇の毛は一定方向では有りません。
ですから自己処理で脱毛を行う事が難しい部位でもあるのです。
こうした事を知っておく事で自己処理を行う際に少しでも肌に負担をかけない様にしようと心掛ける様になってくると思いますので、ポイントとして覚えておくと良いでしょう。

ホームPage 1 / 11