タグ:治療

記事一覧
  • 美容外科で脇汗対策その1

    汗が異常に出る人や、脇汗で悩んでいる人は、割と多いものです。夏に洋服の色が変わってしまうくらい、汗をかいている人を見かけることがありますよね。人より多くの汗をか ...

    2019/09/12

    脇汗 対策

  • 美容外科で脇汗対策その3

    治療後は、すぐに帰宅出来ますから、入院の必要もありません。それに、治療当日は、入浴もオッケーですので、汗をかく季節に入浴を我慢しなくて良いことは、嬉しいことです ...

    2019/09/12

    脇汗 対策

  • 皮膚科の治療

    皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療 ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

ホームPage 1 / 11

美容外科で脇汗対策その1

脇汗 対策

汗が異常に出る人や、脇汗で悩んでいる人は、割と多いものです。
夏に洋服の色が変わってしまうくらい、汗をかいている人を見かけることがありますよね。
人より多くの汗をかくことは、病気を患っているケースも考えられますので、自分で対策をして悪化させてしまうことが懸念されます。
例えば、市販されている脇汗対策用の薬を塗って、自分に合わずに更に悪化させてしまうことなども十分に考えられるでしょう。
汗トラブルは、自己判断せずに、皮膚科で受診したほうが良いというお話もしましたが、そのほかにも美容外科に通うという選択肢もあります。
汗が異常に沢山出てしまう場合、単に「汗っかきの人」ではなく、多汗症という病気かもしれません。
脇汗が気になる場合でも、臭いが気になる場合でも、多汗症であっても、美容外科で治療を行うことができますので、自分で対策をするより専門家に診てもらいましょう。
では、実際に美容外科ではどのような治療をするのでしょうか?
美容外科は普通の方でしたら、行き慣れていない病院でしょうから、きっと知らないことばかりだと思います。
美容外科では、汗の対策として、レーザー治療を始め、ボトックス注射と言うものを使います。
また、皮膚科と同様に塗り薬などを使って治療が行われます。
まず、レーザー治療ですが、美容外科では、割とポピュラーな治療法です。
多汗症やワキガの人の場合、原因となっているアポクリン汗腺、また、エクリン汗腺という汗腺があります。

美容外科で脇汗対策その3

脇汗 対策

治療後は、すぐに帰宅出来ますから、入院の必要もありません。
それに、治療当日は、入浴もオッケーですので、汗をかく季節に入浴を我慢しなくて良いことは、嬉しいことですよね。
ボトックス注射を受ける時期ですが、やはり脇汗が気になったり、体の臭いが気になったりするのは、夏が一番でしょうから、その前に治療を受けたいですね。
春先から初夏、4月から6月に、ボトックス注射を受ければ、その夏の十分な脇汗対策となるでしょう。
これで、夏を快適に過ごすことが出来ますね。
お話してきましたように、ボトックス注射は、治療時間がとても短く、手軽な脇汗治療法ですが、場所によって、注射に痛みを感じるケースがあります。
汗をかく部分にもよりますが、手掌であったり、足の裏であったりする場合、この部分の注射は、他の場所に比べ痛みが強いです。
脇汗対策になるのなら、多少の痛みは我慢できる人もいるでしょうが、なかには痛みに弱い人も当然、いらっしゃいますよね。
痛みが不安な方は、治療の前に、痛みがどれくらいなのか確認してから治療を受けたほうが良いでしょう。
それから、使うボトックスの種類によって、副作用が出るケースもありますので、病院で事前に確認が必要です。
不安を抱えたまま、治療をスタートすることは避けたいですから、納得がいくまで説明を受けてから治療をスタートしましょう。
それから、美容外科で、一番、手軽な治療方法は、塗り薬です。
塗り薬なら、注射の痛みもなく、レーザー治療などの不安もありませんよね。

皮膚科の治療

膝の黒ずみ

皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。
一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。
個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療機関を受診する人もいます。
黒ずみを治すには、やはり皮膚科になると思います。
皮膚科は肌の専門医なので、膝の黒ずみができた原因を特定して、黒ずみを解消できる薬を処方してくれます。
皮膚科では、黒ずみができた原因について、黒ずみをきれいにしていく方法について教えてもらえます。
医師の指示に従って処方された薬を飲み、日常生活においても黒ずみの予防対策を行いながら生活していくようにしましょう。
皮膚科でよく行われる治療方法としては、「ハイドロキノン」が入ったクリームを使用する治療方法です。
ハイドロキノンは、美白作用のある塗り薬です。
就寝前に塗るように指導されることが多いです。
もう1つよく行われる治療方法としては、「トレチノイン」というクリームを使用する治療方法です。
トレチノインは、ひざの下に溜まったメラニン色素を排出されるように促して、ターンオーバーを正しくできるようにする薬です。
ハイドロキノンと併用するように処方される場合も多いです。
注意しなければいけないのは、こうした治療を受ければ必ず膝の黒ずみがすっきりときれいになるわけではありません。
薬なので少なからず副作用もありますし、治療費もかかります。
膝の黒ずみが気になるから即座に皮膚科を受診と考えるのではなく、セルフケアの方法などと合わせて様々な方法を検討した上で治療方法を選ぶようにしましょう。

ホームPage 1 / 11