タグ:汚れ

記事一覧
  • 膝の黒ずみにジャウムソープ

    ひじや、膝の黒ずみは人から見ると、けっこう目立つものです。とくにひじは、自分であまり気にならない場合であって、他人からよく見えますよね。きちんと自分でチェックし ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 黒ずみのタイプ

    一口にひじや膝の黒ずみと言っても、黒ずみにもタイプがあります。タイプによって黒ずみをきれいにするためのケア方法も違ってきます。黒ずみのタイプ、1つは「色素沈着」 ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

ホームPage 1 / 11

膝の黒ずみにジャウムソープ

膝の黒ずみ

ひじや、膝の黒ずみは人から見ると、けっこう目立つものです。
とくにひじは、自分であまり気にならない場合であって、他人からよく見えますよね。
きちんと自分でチェックしておかないと、お出かけ中に真っ黒なひじを他人に見せることになってしまいます。
膝の黒ずみは特に夏のファッションには大敵です。
ストッキングをはかないで外出するためには、膝の黒ずみケアをきちんとして、少しでも目立たなくしたいですよね。
肌の黒ずみについては、多くの人が悩んでいるようで、他人から見える部分だけではなく、バストやデリケートゾーンなど、人に言えないような場所の黒ずみも気になっている女性が意外と多いと聞きます。
そのケアのための石けんなどが、多少、高くても売れているということは、それだけ肌の黒ずみで悩んでいる女性がいるという証拠ですよね。
さて、膝をよく見てみると、シワのようなデコボコがたくさんありますから、そこへ汚れがたまって黒ずんでいると思っている方も多いようです。
確かにアカがたまって、それが膝の黒ずみになっているケースもありますから、洗うことで少しは改善されるかもしれません。
ですが、多くの場合は、たまった汚れだけが原因ではないので、膝の洗い過ぎ、擦り過ぎには注意しましょう。
原因としては、こすれて角質が硬くなっていることや、紫外線による色素沈着、乾燥による肌の透明度の低下など、いろいろなことが考えられます。
間違ってもやってはいけないこと、それは、力を入れて膝をごしごし洗うことです。

黒ずみのタイプ

膝の黒ずみ

一口にひじや膝の黒ずみと言っても、黒ずみにもタイプがあります。
タイプによって黒ずみをきれいにするためのケア方法も違ってきます。
黒ずみのタイプ、1つは「色素沈着」によるもの。
もう1つは毛穴が皮脂汚れで詰まってできた「皮脂汚れ」によるものがあります。
ひじ、膝の黒ずみで多いのは1つ目の色素沈着によるものです。
色素沈着は、メラニン色素が作られることで起こります。
そのためメラニン色素を作られないようにすることで、黒ずみを予防することができます。
今までお話しした、黒ずみの原因である、摩擦、圧力、紫外線などによる黒ずみはすべてこの色素沈着タイプです。
色素沈着による黒ずみ対策として大切なこと、それは刺激を与えないようにすること。
そしてもう1つは保湿ケアをすることです。
刺激については、ひじ、ひざを頻繁につかないように意識すること、刺激の少ない綿素材の服を着ること。
お風呂で体を洗う際には、刺激の少ないナイロン素材のものを使うこと、紫外線を浴びないようにすることで極力回避するようにしましょう。
次に保湿についてです。
肌が潤っているほどバリア機能がきくため肌トラブルも起きにくくなります。
ひじ、ひざの表面に保湿クリームを塗って乾燥しないようにしてあげましょう。
ほとんどが色素沈着によってできる黒ずみですが、皮脂汚れによってできる場合もあります。
乾燥した皮膚は毛穴周りの皮膚も硬いため、毛穴が圧迫されます。
すると本来、毛穴から分泌される皮脂が分泌できずに毛穴に詰まってしまうのです。
こうした毛穴汚れによってできた黒ずみには、重曹を使ってケアするときれいにできます。

ホームPage 1 / 11