タグ:摩擦

記事一覧
  • 洋服と膝の黒ずみの関係

    膝の黒ずみ改善のために、スキンケアをすることも大切ですが、日常生活で何気ない行動に気をつけることもあります。美しい膝をつくるために、やらないほうがよいこともあり ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 黒ずみの原因

    膝の黒ずみは、ひざが汚れているわけではありません。日常生活においてひざに摩擦などで刺激を与えることで色素沈着して黒ずみを作ります。ひざなどの関節部分は、服とこす ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

ホームPage 1 / 11

洋服と膝の黒ずみの関係

膝の黒ずみ

膝の黒ずみ改善のために、スキンケアをすることも大切ですが、日常生活で何気ない行動に気をつけることもあります。
美しい膝をつくるために、やらないほうがよいこともありますので、ここでご紹介しましょう。
まず、肌へ刺激を与えないことですから、日焼けしないようにします。
日焼けも肌の摩擦ダメージも、メラニン色素を製造してしまうので、膝の黒ずみのもとになります。
日常生活では、どれだけ膝に負担を与えないか、刺激を与えないかが、重要です。
最も多いケースのようですが、膝をつく姿勢をとらないように気をつけましょう。
お子さんがいる方、主婦の方は家事をする際、膝をつく姿勢になることが一日のうちに何回もあるようですと、その摩擦が蓄積されて膝がどんどん黒ずみます。
たち座りが面倒なので、膝を擦って移動することもあるでしょうが、これも美しい脚になるためにはやってはいけないことです。
それから、普段のお洋服ですが、ボトムがきつくて肌にピッタリ当たっているという状態も膝の黒ずみを悪化させます。
スキニーが流行っていますが、歩くと、膝が生地に擦れて、ダメージを与え続けることになります。
ですから、スキニージーンズばかりを毎日、履くということはやめたほうがよいでしょう。
膝のあたりの丈のボトムで、歩くたびに裾が膝に擦れることもあまりよくないと言われています。
このように普段のファッションも、気をつけて過ごしましょう。
しかし、何気なく着ているお洋服が膝の黒ずみに関係してくるとは驚きですね。

黒ずみの原因

膝の黒ずみ

膝の黒ずみは、ひざが汚れているわけではありません。
日常生活においてひざに摩擦などで刺激を与えることで色素沈着して黒ずみを作ります。
ひざなどの関節部分は、服とこすれやすく常に刺激にさらされているからです。
ひざだけではなく、ひじも同様です。
同じように曲げ伸ばしを頻繁に行う部位で、服との摩擦の他にもひじをつくなどの行為によって刺激を受けやすい部分です。
頬杖をよくする人はひじに黒ずみができやすく、立てひざをよくする人は膝の黒ずみができやすいです。
こうしたクセを治すことも黒ずみを予防する上で大切なことです。
膝の黒ずみ、ひじの黒ずみができる原因をまとめると次の3つになります。
1つ目は「摩擦」。
服とこすれることで起こる摩擦、床、机などとこすれることで起こる摩擦。
化学繊維の服は摩擦を起こしやすいため、綿素材の肌にやさしい服を着ることをおすすめします。
また服を着る前に、ひじ、ひざへボディークリームをひと塗りしておくとかなり摩擦を防ぐことができます。
2つ目は「圧力」。
ひざ、ひじは普段から机、床に押し付けることが多いため圧力を受けます。
そのため皮膚の角質が分厚くなります。
角質が分厚くなると肌が乾燥しやすくなって、肌のくすみ、黒ずみが目立ちやすくなってしまいます。
3つ目は「乾燥」。
角質が分厚いことで乾燥しやすい上に、もともとひざやひじは皮脂腺、汗腺の少ない部位なので乾燥しやすいです。
皮脂などによって潤いのある肌だと皮膚を保護することができます。
しかし乾燥していると皮膚のバリア機能も弱くなり、ダメージを受けやすくなってしまいます。
黒ずみができる原因を知ることで、できにくい環境作りをすることができます。

ホームPage 1 / 11