カテゴリー:膝の黒ずみ

記事一覧
  • アロエコラーゲンスクラブ

    ドクターシーラボから発売されている「アロエコラーゲンスクラブ」。膝の黒ずみ解消に効果があると口コミで評価されています。アロエなどの保湿成分が入ったスクラブで、ひ ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 黒ずみサポーター

    サポーターを使って膝の黒ずみを解消することができます。履くだけで膝の黒ずみが解消できるとして人気のアイテムとなっています。黒ずみサポーターには、美白成分が入って ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 皮膚科の治療

    皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療 ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

  • 普段からできる予防対策

    できてしまった膝の黒ずみをきれいにすることはとても大切です。しかし膝の黒ずみができる前に、予防することで黒ずみに悩まされることもありません。普段から自宅でできる ...

    2019/09/12

    膝の黒ずみ

アロエコラーゲンスクラブ

膝の黒ずみ

ドクターシーラボから発売されている「アロエコラーゲンスクラブ」。
膝の黒ずみ解消に効果があると口コミで評価されています。
アロエなどの保湿成分が入ったスクラブで、ひじ、膝の黒ずみ、かかとなど分厚くなった角質を軟化して取り去る効果があるクリームです。
クリームを塗ってゴシゴシこする必要はありません。
植物性の肌にやさしい成分が古い角質を取り去ってつるつるのなめらか肌をもたらします。
アロエコラーゲンスクラブは、古い角質を軟化して取り去り、アロエ、ヒアルロン酸、海洋性コラーゲンなどの保湿成分によってしっかりと保湿します。
アロエにはビタミンやミネラル分がたっぷりと入っているため、肌を紫外線やダメージから守ったり、肌荒れを防いだり、潤いを保ったりする効果があります。
スクラブの香りは、シトラス調。
リラックス効果の高い人気の香り、レモン、オレンジ、ベルガモットをバランスよく入れたさわやかな香りです。
入浴時に使えば、リラックス効果で1日の疲れも癒せます。
「アロエコラーゲンスクラブ」は、大容量で約2ヶ月~3ヶ月使用できる180g入っています。
価格は3,456円(税込)です。
送料も無料です。
さらに毎月の定期購入すれば、2,764円(税込)と20%も割引されて大変お得です。
1ヶ月分に換算するとかなりお安く使えるお得な商品だと思います。
実際に使用した人の口コミでは、レモン系の香りに癒されながら使用後はすべすべの肌になって気持ちがいい。
肌がツルツルになった、しゃりしゃりとしたつぶのスクラブで角質をしっかり取り去ることができるなど喜びのコメントが多数寄せられています。

黒ずみサポーター

膝の黒ずみ

サポーターを使って膝の黒ずみを解消することができます。
履くだけで膝の黒ずみが解消できるとして人気のアイテムとなっています。
黒ずみサポーターには、美白成分が入っています。
サポーターがひざと接触する裏面側に美白成分を入れてあり、ひざを服の摩擦などによる刺激から守りながら美白していくことができます。
表面から見た感じは一般的なサポーターと同じです。
膝の黒ずみサポーターには、たいていビタミンC誘導体、アルブチンが使われています。
ビタミンC誘導体には、コラーゲンが生成されるのを促進して、潤いのある肌へと導く効果があります。
アルブチンには、メラニンが作られるのを抑える効果があります。
サポータータイプは、履くだけというとても手軽な黒ずみケアアイテムです。
しかし美白効果としてはそこまで高くはないため、黒ずみを解消するには時間がかかるというデメリットがあります。
そのため時間をかけてゆっくりと、簡単な方法で黒ずみケアをしていきたい人におすすめです。
ひざのサポーターは、自分のひざに合うぴったりサイズのものを選ぶ必要があります。
ひざ全体がカバーできるタイプを選ぶようにしましょう。
窮屈すぎるものは避けてください。
黒ずみサポーターは、できてしまった黒ずみを治すためというより、予防のために使う方が効果的だと思います。
サポーターをしていれば、ひざをついても大丈夫ですし、正座をしていて立つときにもひざを安心してつくことができます。
ジーンズ、レギンスなどの脱ぎ履きの際の摩擦からも守ってくれます。

皮膚科の治療

膝の黒ずみ

皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。
一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。
個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療機関を受診する人もいます。
黒ずみを治すには、やはり皮膚科になると思います。
皮膚科は肌の専門医なので、膝の黒ずみができた原因を特定して、黒ずみを解消できる薬を処方してくれます。
皮膚科では、黒ずみができた原因について、黒ずみをきれいにしていく方法について教えてもらえます。
医師の指示に従って処方された薬を飲み、日常生活においても黒ずみの予防対策を行いながら生活していくようにしましょう。
皮膚科でよく行われる治療方法としては、「ハイドロキノン」が入ったクリームを使用する治療方法です。
ハイドロキノンは、美白作用のある塗り薬です。
就寝前に塗るように指導されることが多いです。
もう1つよく行われる治療方法としては、「トレチノイン」というクリームを使用する治療方法です。
トレチノインは、ひざの下に溜まったメラニン色素を排出されるように促して、ターンオーバーを正しくできるようにする薬です。
ハイドロキノンと併用するように処方される場合も多いです。
注意しなければいけないのは、こうした治療を受ければ必ず膝の黒ずみがすっきりときれいになるわけではありません。
薬なので少なからず副作用もありますし、治療費もかかります。
膝の黒ずみが気になるから即座に皮膚科を受診と考えるのではなく、セルフケアの方法などと合わせて様々な方法を検討した上で治療方法を選ぶようにしましょう。

普段からできる予防対策

膝の黒ずみ

できてしまった膝の黒ずみをきれいにすることはとても大切です。
しかし膝の黒ずみができる前に、予防することで黒ずみに悩まされることもありません。
普段から自宅でできる黒ずみの予防対策についてまとめておきます。
・紫外線対策をすること。
紫外線を浴びると、黒ずみの原因になるメラニン色素が作られてしまいます。
ズボンを履く、日傘をさす、日焼け止めを塗るなど日ごろから紫外線を意識してしっかりと対策をしておきましょう。
・ひざを床などにつかないように気をつけること。
掃除をするとき、ものをとるとき、正座をするときなど床にひざをついてしまう瞬間は意外に多いです。
つかないでできる場合には、意識してひざをつかないようにしましょう。
普段床に座っている人も、イスがあるときには、イスに座るようにするだけで、ひざへの負担を減らすことができます。
・黒ずみ予防クリームを塗ること。
黒ずみケア用のクリームが手に入る人はそちらを利用して、価格的にも手軽に手に入る市販品がいいという人は市販品の黒ずみ予防クリームでもいいので、入浴後ひざにクリームをしっかりと塗っておくようにしましょう。
市販品のクリームであまり効果がでないようなときには、クリームを塗った後にラップをして10分ほどパックしておくと効果があります。
・ひざはやさしく洗うこと。
黒ずみを気にしてゴシゴシと洗わないこと。
摩擦で傷をつけたらそれこそが黒ずみの原因になってしまいます。
ナイロンタオルなどの刺激があるものは避けて、絹のタオル、あるいは手のひらに泡をつくってやさしく洗うようにしましょう。
・睡眠を十分にとること。
肌のゴールデンタイムにしっかりと寝てターンオーバーが正しく行われるようにしましょう。
・適度な運動をすること。
運動、入浴などによって適度な汗をかくと体の結構が良くなり代謝も良くなります。
体内に老廃物が溜まりにくくなって黒ずみもできにくい状態が作れます。
以上のようなことを意識して普段から生活していくようにすると黒ずみ予防ができます。