自己処理の危険性【除毛クリーム】

Pocket

「除毛クリーム」を使って脇や足や腕等の脱毛処理を行う人も多いと思います。
除毛クリームは脱毛をすると言うよりは、肌表面に生えているムダ毛を溶かして、肌表面をキレイに見せると言う物になります。
ムダ毛を溶かしてしまう位の薬剤が使われていると言う事なので、肌に相当な負担がかかる事はお分かりいただけると思います。
ムダ毛だけを溶かしてしまうのであれば良いのですが、除毛クリーム自体、肌にも付いてしまう物なので、結果的に肌にも相当なダメージが加わる事になってしまいます。
肌がかぶれてしまうとか、ポツポツとした赤みが出来てしまうとか、使い続ける事で結果的に黒ずみが起こってしまうとか、肌に出てくる肌トラブルは相当な物だと思います。
除毛クリームを使う際にはきちんと注意書きを読んでから使う様にする必要が有ります。
足や腕と言った部分に使う印象がある除毛クリームですが、脇にも使いたいと思う人も多いと思います。
しかし脇やVライン、顔と言った皮膚が薄くて柔らかい部分には使用しない方が良いのです。
皮膚が薄くて柔らかいと言う事は、黒ずみ等の肌トラブルが起きやすいと言う事でもあります。
その部分に強力な薬剤を使用してしまうと、足や腕以上に肌に相当なダメージが加わってしまうのです。
ですからお肌の事を考えるのであれば除毛クリームは日常的に使うのではなく、あくまでも一時的に使う様に留めておいた方が良いと思います。
特に敏感肌の人は使用をやめておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。