自己処理の危険性【毛抜き】

Pocket

「毛抜き」で脇や足や腕のムダ毛の脱毛を自分で行うのは、ムダ毛の自己処理としては一番黒ずみ等の肌トラブルが起きやすい方法として挙げられています。
毛抜きを使って脱毛を行う場合、1本1本毛抜きでつまんで抜いて行く事になりますので、結構時間はかかるのですが、カミソリ等と違って根元から抜く事が出来るので、次に生えてくる周期が遅いとして結構行っている方が多い様です。
脇の毛を毛抜きで抜く場合は、結構見えづらい部分になりますので、間違って皮膚をつまんでしまう等してしまう事も有ります。
1本だけとかポイントだけ毛抜きを使うと言うのであれば良いと思うのですが、脇や足等広い範囲全体を毛抜きを使って抜くとなると結構肌トラブルを起こす可能性が多いです。先ずは「肌の黒ずみ」になります。
毛抜きを使う事で肌に刺激を与えます。肌の特性として刺激が加わるとメラニン色素が活性化すると言う性質が有ります。
これが黒ずみの原因となります。
次は「埋没毛」です。
毛抜きで毛をつまんで引っ張って抜く事になりますので、皮膚も一緒に引っ張られますよね。
この時毛穴は皮膚に傷がついてしまう事があり、これが目には見えませんがかさぶた状態となって毛穴が塞がれてしまうのです。
そうなると毛が毛穴から出られなくなり、肌の中に伸びてしまう事になります。
見た目も変になってしまいますし、抜く場合は皮膚を破いて取らなくてはいけなくなりますので、一番肌に負担がかかる事になってしまいます。
他にも毛穴が引っ張られる事によって毛穴がブツブツになってしまったり、でこぼこになってしまったりしてしまう事が有ります。
この様に毛抜きで脇などの脱毛を自己処理する場合は、かなり負担がかかる事になりますので注意して行う必要が有ります。

コメントは受け付けていません。