自己処理の危険性【抑毛ローション】

Pocket

黒ずみ等の肌トラブルを防いで脇などの脱毛を自己処理する際、カミソリや毛抜きを使わないで肌に優しいとされる「抑毛ローション」を使おうとする人は多いと思います。
抑毛ローションには脱毛効果と言う物は少なく、どちらかと言うと毛の成長を遅らせてくれると言う物になります。
ですから、抑毛ローションだけを使ってもムダ毛は無くならないと言う事になるのです。
では、何故抑毛ローションが脇などの脱毛の自己処理用グッズとして取り上げられるのかと言うと、他の自己処理方法との組み合わせをすると効果的だからだと言えます。
出来れば脱毛サロンなどできちんと脱毛処理を行ってもらった肌に対して、抑毛ローションを使う様にすると肌に負担がかからず、結果的に黒ずみ等の肌トラブルを引き起こす可能性が低くなるので良いと思います。
しかしドラッグストアで手軽に手に入れられると言う事で、カミソリや毛抜きで自己処理をした後、抑毛ローションを使って効果を出そうとする人も多いのではないでしょうか。
毛抜きやカミソリで自己処理をした肌はとても傷ついていてダメージが加わっている状態です。
そこにいくら肌に優しいとはいえ、抑毛ローションを塗ってしまうと更に肌に刺激が加わり、肌が荒れてしまったり、腫れてしまったり、黒ずみを起こしてしまうかもしれません。
家庭で自己処理をする場合、レーザー方式等、肌にダメージが加わりにくい家庭用脱毛器を使用した後に抑毛ローションを使う様にすると良いと思います。

コメントは受け付けていません。