自己処理の危険性【カミソリ】

Pocket

「カミソリ」で脇や足や腕のムダ毛の脱毛を自分で行うのは、ムダ毛の自己処理としてはとても簡単な方法なのですが、黒ずみ等の肌トラブルが起きやすい方法としても挙げられています。
ムダ毛の自己処理用としてドラッグストアに行くと、専用のカミソリがたくさん並べられていますよね。
カミソリを使うと脱毛と言う事では有りませんが、肌表面上のムダ毛がなくなるので、脇や足などとても簡単に処理する事が出来ます。
しかし簡単だからと言うだけでカミソリをずっと使い続けていると、肌が黒ずみを起こしたり、傷がついてしまったりするので気を付ける必要が有るのです。
カミソリを肌につけると、目に見えない傷がたくさんついてしまいます。
カミソリを使った後に肌がヒリヒリするのを感じる人も多いと思いますが、肌が傷ついてしまった為に起こる現象なのです。
カミソリを使い続けると肌に悪い、だからジェルや石鹸、ムース等を肌に塗って、少しでも肌が傷つくのを防ごうと言う考えも有りますが、多少は傷はつかないかもしれませんが、それでもやっぱり傷は付いてしまいます。
こうした事を続けていると、どうしても肌が乾燥気味になってきて、透明感がなくなってくる様になります。
これが黒ずみになったり、くすみになったりしてしまうのです。
せっかくキレイにしようとしていたのに、これでは台無しですよね。
たまに少しの範囲だけカミソリを使う分には良いと思いますが、カミソリを使ってムダ毛の脱毛をする場合は気を付けた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。