脇汗トラブルは皮膚科へその3

Pocket

脇汗対策用に販売されている、市販のデオドラントよりも、処方されたものですから、効果は期待できますが、原因を治してくれるわけではありません。
薬によって、症状は緩和されて、脇汗の臭いも気にならなくなるケースもありますが、根源はそのままです。
また、超音波を使った治療法ですが、脇下の汗腺、皮脂腺を超音波で除去する方法です。
手術のように、実際に身体にメスを入れることなく、超音波で患部を除去できるので、一般の手術よりも受けやすいと思います。
ですが、超音波治療も、全くリスクがないわけではありませんので、ドクターの説明をきちんと受け、リスクを納得して受けるべきでしょう。
また、超音波治療法は、手、足の裏には使えない治療法ですので、その部分に汗トラブルをお持ちの方は受けられませんので、注意してくださいね。
薬や超音波で改善が見られない場合は、最終手段で手術するという方法も選択できます。
これは身体にメスを入れ、汗腺を切って取り出す手術であり、ワキガの治療で使われることが多いです。
また、汗の原因が、身体ではなく、精神的なことが原因となっている場合は、皮膚科ではなく、心療内科や精神科で受診、治療するケースもあります。
何が原因かはドクターが判断するので、まずは、皮膚科を受診することをお勧めします。
理由もわからないまま、自分の判断で脇汗対策をするよりは、悩みの原因も突き止められますし、安心して治療が受けられるでしょう。

コメントは受け付けていません。