皮膚科の治療

Pocket

皮膚科を受診して、膝の黒ずみを治療することはできるのでしょうか。
一度できるとなかなかきれいにならない膝の黒ずみ。
個人でケアしてもなかなかきれいにならないと、医療機関を受診する人もいます。
黒ずみを治すには、やはり皮膚科になると思います。
皮膚科は肌の専門医なので、膝の黒ずみができた原因を特定して、黒ずみを解消できる薬を処方してくれます。
皮膚科では、黒ずみができた原因について、黒ずみをきれいにしていく方法について教えてもらえます。
医師の指示に従って処方された薬を飲み、日常生活においても黒ずみの予防対策を行いながら生活していくようにしましょう。
皮膚科でよく行われる治療方法としては、「ハイドロキノン」が入ったクリームを使用する治療方法です。
ハイドロキノンは、美白作用のある塗り薬です。
就寝前に塗るように指導されることが多いです。
もう1つよく行われる治療方法としては、「トレチノイン」というクリームを使用する治療方法です。
トレチノインは、ひざの下に溜まったメラニン色素を排出されるように促して、ターンオーバーを正しくできるようにする薬です。
ハイドロキノンと併用するように処方される場合も多いです。
注意しなければいけないのは、こうした治療を受ければ必ず膝の黒ずみがすっきりときれいになるわけではありません。
薬なので少なからず副作用もありますし、治療費もかかります。
膝の黒ずみが気になるから即座に皮膚科を受診と考えるのではなく、セルフケアの方法などと合わせて様々な方法を検討した上で治療方法を選ぶようにしましょう。

コメントは受け付けていません。